MENU

神戸のまちの楽しみ方〜三ノ宮・元町・神戸編〜

2020 3/28
神戸のまちの楽しみ方〜三ノ宮・元町・神戸編〜
目次

繁華街散策なら三ノ宮・元町・神戸

神戸の中心地といえばやっぱり三ノ宮エリア。東京や大阪と比べて、決して大きいとは言えないまちですが、コンパクトにまとまったこのまちは誰でも楽しめます。ビジネスもプライベートも全てが集結した神戸の中心地・三ノ宮から観光スポットとして神戸の顔とも言える神戸・ハーバーランドまで徒歩でも30分圏内。中間にある元町商店街もいろんなお店が楽しめる神戸最大の商店街として賑わっています。

海と山に挟まれた繁華街・三ノ宮エリア

三宮の中心・三宮センター街

三ノ宮エリアは三宮駅を中心に南に市庁舎と都市型の大きな企業のビルがあります。海に拓けたこのエリアは開放感があり、ビジネスの中心地と言えるでしょう。ハイブランドのアパレル系店舗もこのあたりに多く、オシャレなランチタイムを演出するには最高のロケーションです。

北寄りには三ノ宮センター街が位置し、若者からご年配まで、神戸市民にとって最も便利な商店街があります。地下にはグルメ街も充実しており、センター街だけで多くのことが足りるのではないでしょうか。また、さんちか(三ノ宮地下街)、国際会館ミント神戸などの主要施設が全て地下でつながっており、非常に便利に行き来することができます。

駅より北側のエリアは主に飲食店、居酒屋が多く建ち並ぶ「サンキタ通り商店街」を中心に夜8時以降も賑わいを見せる夜も元気なエリアになります。神戸市民が三ノ宮で「呑む」となると多くの場合がこのエリアのお店になるほど。2020年春現在、阪急電車東口・神戸市営地下鉄・JR西口の出口が重なる場所にある「さんきたアモーレ広場(通称:パイ山)」が再整備中で隣接する阪急ビルとともにリニューアル工事中です。

(神戸市・さんきたアモーレ広場の再整備)
https://www.city.kobe.lg.jp/a55197/shise/kekaku/jutakutoshikyoku/kobetoshin/amore.html

そして、さらに北側、北野坂エリア・新神戸駅方面にいくと異人館や結婚式場など観光やイベントに適した施設が並ぶエリアとなります。このエリアは少し坂を上り、高台になるため、駅からの上り坂は少々元気が必要ですが、同じ三ノ宮でも南側とは違った趣があり、楽しみやすいエリアになっています。

異人館・風見鶏の舘

意外と昔ながらのお店やちょっと穴場のようなお店もたくさんありますので、是非散策してみてください。

中華街と商店街のまち・元町エリア

元町という名前は「もとの町」という意味だそうで、かつて神戸村、 二ツ茶屋村、走水村の3つの村があったが、神戸港開港後、周辺に人口が増え、賑わいだしたため、「ここが神戸のもとのまち」という意味で「元町」となったそうです。(参考:https://www.kobe-motomachi.or.jp/motomachi-magazine/tenbyo/tenbyo01.html

ともあれ、織田信長の時代には「花隈城」があり古くから栄えた場所であったことは間違いないようで、さらに北側には山路城(諏訪城)跡もあります。

元町商店街の南側には開港後、居留地に隣接するエリアに中国人達が移り住み、人々の暮らしを支えるマーケットとして始まった「南京町」があります。「南京町」とは「中華街」とか「チャイナタウン」と同じ意味の言葉として使われていますが、実は日本で南京町と名乗っているのは神戸の中華街だけで「南京町」としての登録商標も取得しています。

時代の流れとともに「商店街」という存在が減っている中で今も元気のある南京町食べ歩きを楽しむには絶好の観光スポットです。

また、南側の海岸通り沿いは開放感あふれる広い歩道居留地の趣きが残る街並みで歩くだけで楽しい気持ちになれる場所です。坂道が多い神戸市ですが、海岸沿いは平坦な道が多くとても歩きやすくなっています。

開放感あふれる海岸通り

また、三ノ宮から近いこともあり、商業ビルが多く建ち並ぶエリアでもあり南京町の他にも手軽に美味しいランチを楽しめるお店も多く点在するエリアでもあります。

みなとまちこうべの顔・神戸ハーバーランドエリア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イオンモール系商業施設「umie」

神戸のランドマークとして最もみなさんがイメージする映像がここ、ハーバーランド周辺ではないでしょうか。山をバックに海に臨むこのエリアは現在イオン系列の商業施設「umie」と「umie MOSAIC」を中心に観光スポットとしてだけではなく、市民の生活を支えるショッピングモールとしても栄えている。イオン系列として再開発されて利便性が向上したショッピングモール以外にも神戸市地下街株式会社(さんちかの運営会社)が運営する地下街・デュオ神戸も南北に伸び、神戸駅からハーバーランドまでを便利に繋いでいます。

ハーバーランドの東側にはポートタワーメリケンパークがあり、天気の良い日にはお散歩にもってこいのロケーションです。また、夜は海に拓けた空間と対岸に見えるハーバーランドのきらびやかな景色がデートスポットとして人気を博しています。

メリケンパークから見える夜景は異国情緒あふれるおしゃれな夜景

ちなみに「メリケン」とは、「アメリカン」がなまったものだそうで、元々ここにはアメリカ領事館が建っていたことが由来だそう。メリケン粉やメリケンサックなんかもアメリカン絡みだそうですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は神戸の中心地・中央区に位置する3つのエリアについてご紹介しました。

今回はざっくりとこれらのエリアの特徴をご紹介しましたが、実はこれらのエリアの中には美味しい店便利なお店、楽しい場所などまだまだ多くは知られていないポイントがたくさん眠っています!

是非、みなさんの足で探し当ててみてくださいね!!

8kobe.jpでは神戸の素敵なお店・企業・団体の掲載希望を募集しております。是非、お気軽にご相談ください!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる